テクニカル分析とは

テクニカル分析&キャリートレードで儲けるFX

為替相場や株式相場を予測する際に、私たち個人投資家が注目しておきたいものが大きく分けて2つあります。
1つは、「チャート」と呼ばれる為替や株価の動きをグラフに表したものです。もう1つは、「ファンダメンタル」と呼ばれる政府や中央銀行が発表する経済指標のことです。
テクニカル分析とは、前者の「チャート」を用いて為替や株価の動きを予測することです。

市場の動きはすべてを反映される

「市場の動きはすべてを反映される」こそテクニカル分析の最重要視されるべきものです。市場価格に反映されるものは需給関係であれ心理的なものであれ何でも株価や為替に反映されています。価格の上昇は強気のファンダメンタルを示し、価格の下落は弱気のファンダメンタルを示しています。したがって価格の動きを研究すれば市場の状況が解ることになります。マーケットの動きはすべてを織こんでいる、そう考えてテクニカル分析を行うのです。

価格の動きはトレンドを形成する

トレンドは株価チャートの動きを大きな波として捉えた場合の方向性をさすものですが、トレンドの概念は、テクニカル手法において欠くことのできないものです。何故なら価格の動きをチャートで追う目的は、トレンドを早い段階で確認して、そのトレンドのなかで取引することにあるからです。テクニカル売買手法のほとんどは本質的にトレンドを追随する形であり、その意図はトレンドを確認して、追随するところにあります。

歴史は繰り返す

為替でも株価でも過去の動きを見れば同じことを繰り返しているのがよくわかります。チャートはその典型で過去に同じようなチャートがあれば、それにそった流れがあればまた同じようなチャートになります。人間心理は変わらないという前提から、将来は過去の繰り返しにすぎないということであり、将来を予測するには過去を研究することが重要なのです。

スポンサードリンク

いろいろな分析法

チャートではローソク足が有名で誰でも知っていますが、そのほかに移動平均、MACD、RSI、ボリンジャーバンドなど多数あります。
複数のチャートを見比べて将来の予測をするわけですが、それぞれに特徴があり、どれも奥が深いものとなっています。